杉スリットは、エアコンだ!

杉スリットは、エアコンだ!

前回、シックハウスの話をしましたが、
今の私達の住まいは
ビニールクロスや複合フローリングの使用で、
多湿と過乾燥を繰り返し、
ビエールハウスの家に住んでいるような状態です。

 

皆さんも経験があると思います。
ちょっと油断すると壁がカビだらけ
みたいなことが・・・(T-T)

暮らしに快適な湿度は50~60%です。

湿度が70%を越えるとカビやダニが増殖し、
喘息などの原因になります。

室内が乾燥しすぎると、
肌が乾燥してアトピーの症状が出やすなります。

またウイルスが増殖しやすくなり、
風邪をひきやすくなります。

杉には室内の湿度を一定に保とうとする
調湿作用があります。

これは湿度が高くなると水分を吸収し、
低くなると水分を放出する
エアコンのような働きをするからです。

だから、カビ、ダニ、ウイルスの増殖を
抑止してくれます。

杉スリットは文字通り、
スリット状になっていますから、
水分の吸放出の面積が大きいです。

 

だから効率よく湿度調節してくれます。