フィトンチッドの魅力

フィトンチッドの魅力

スギはセドロールという成分を出していて
リラックス効果があることは前に書きました。

セドロールは感知できるかできないか、くらい微妙なレベルの香り成分です。

しかしスギ材からは明らかに独特な芳香がします。

これはフィトンチッドと呼ばれる揮発性の成分なのです。

「フィトンチッド」という言葉は1930年ごろ、レニングラード大学の
生態学者ボリス・ペトロヴィチ・トーキン教授が、ギリシア古語の
「フィトン(植物)」と「チッド(殺す)」を
合成して名付けたそうです。

樹木は大地に根を張り簡単には移動できないため、
外敵からの攻撃や刺激に対抗する手段として、
昆虫などに葉を食べられないための
摂食阻害物質や、病害菌に感染しないよう
殺虫殺菌物質を、また他の植物の侵入を防ぐ
成長阻害物質など、自分を護るため多彩な効果のある
フィトンチッドを自ら作り出しているのです。

フィトンチッドは適量だと人間にとって
とても気持ちよく感じられます。

「森林浴」は
このフィトンチッドを含んだ空気を
吸っているから気持がよいのですね。

森林浴は、ストレスを和らげ
身も心もリフレッシュさせる働きがあり、
精神の安定、心の活力や爽快感を
与えてくれます。

フィトンチッドはスギだけではなく
「ヒバ」や「ヒノキ」からも出ています。

写真のように
フィトンチッドには
いろいろな種類があります。

木が放出するフィトンチッドには
白アリ・ダニ・蚊・カビなどを
寄せ付けない働きがあるので、
天然木を使った家屋は長持ちするのです。

こうやって
スギのことを調べていると、
土の上に建つ昔ながらの木造建築の家に
住みたくなってきました。

 

(参考:岐阜県森林科学研究所 坂井至通
樹木成分フィトンチッドの不思議な作用)