杉スリットを部屋中に敷き詰めてみたい!

杉スリットを部屋中に敷き詰めてみたい!

 

杉スリットは断熱効果もあります。

そのおかげで、
室内の温度変化をマイルドにしてくれます。

杉スリットに触ると
夏場を冷たく、冬は温かく感じられます。

これには「熱伝導率=熱の伝わる早さ」が
大きく関わっています。

スギ材は熱伝導率が小さいため、
優れた断熱効果を発揮するのです。

急激な温度変化を防ぐので
杉材を部屋の壁に使った家では、
夏は涼しく、冬はあたたかい室内になります。

特に床に使うと足に優しく、
足元からも心地よさが伝わります。

すでに杉スリットを足元で使用されて
その快適さを実感されて、
こちらに投稿されている方が
たくさんいらっしゃいます。

もう一つ、特徴があります。

スギ材には表面に微妙な凹凸があり、
光を拡散し、有害な紫外線を吸収します。

 

木材から反射される光は
程よい光沢となるので、
目にとても優しく映ります。

私たちが目から得る多くの情報は
無意識のうちに脳へ伝わり、
何かを感じ取ります。

木材は目に優しいだけでなく、
脳を刺激するのです。

だから、心が安らいだり
気持が落ち着いたりすのですね。

杉スリットを部屋中に敷き詰めたら
どうなるのでしょうか?

そんなおうちに住みたいですね。