石油化学物質の害を知っとかないとね。

石油化学物質の害を知っとかないとね。

衣食住、生活のすべての環境に戦後、侵入してきた石油化学物質。

その歴史は、驚くほど浅いのです。

そう、まだ100年の歴史しかない。

そんなものが、私たちの生活の中心を占めています。

有吉佐和子が渾身の作品を残しました。「複合汚染」

この本の中で、化学物質の健康被害は、単品では確認できても、複合した場合のそれは確認されていない、というものでした。

この現実は、いまだに続いています。

そして、恐ろしいことに日本は、世界の中でも化学物質が無規制に近い状態ということです。

私たちは、政府が規制しないものは大丈夫だろう、テレビで放送してないから大丈夫という安易な感覚があります。

しかし、様々な事実を、私たちは知り始めました。

認可された石油系化学物質は、1500種類を超えている。(ドイツは、60種類くらい)

中国製でも化学物質を含んだものは日本向け。 欧州向けは、欧州の規制に合わせたものを生産している。

福岡県が意気込んで輸出しようとしたいちごの「あまおう」は、台湾で、農薬規制のため輸入禁止となった。

などです。もっと、たくさんの事実があります。

そろそろ、私たちは、身を守るため、石油化学物質の害について学んだ方が良いです。

杉スリットは、私たちの意識が変わったとき、低予算で大いに貢献できる商品です。

杉スリットを広めること=石油化学物質の害をみんなに知ってもらうこと

そういう思いで取り組まないといけないのかもしれないと思い始めました。