眠れない夜には、アロマを焚いて。

眠れない夜には、アロマを焚いて。

アロマの香りは、快適な睡眠に大変効果的です。

素敵な香りを嗅いだときに、なんだか癒されたような気持ちになります。

香りには心と体に大きな作用をもたらす働きがあり、心地よい香りは自律神経の働きを整え、

快適な睡眠のために大切な心と体のリラックスを促してくれます。

なかなか寝付けない、ぐっすり眠れない…。

そんな時は、生活にアロマテラピーがお勧めですね。

最近では、簡単・手軽に香りを楽しめるように、エッセンシャルオイルをベースにした様々な快眠グッズも増えています。

睡眠に良い香りは?

睡眠に良い香りといえば、まずはアロマテラピーの定番で万能アロマとも呼ばれる「ラベンダー・ファイン(真正ラベンダー)」が挙げられます。

ラベンダーの香りに含まれる成分「酢酸リナリル」や「リナロール」には高ぶった感情や神経を落ち着かせる鎮静作用があり、快適な睡眠を妨げる緊張や興奮を鎮めてリラックスを促してくれます。

最近では不眠症患者の治療にラベンダー・ファインのエッセンシャルオイルを取り入れている医療機関も増えています。

また、「杉」のアロマも快適な睡眠に良い香りです。

杉の香りに含まれる成分「セドロール」には、交感神経の働きを鎮めてリラックスした状態に導く作用があります。

杉スリットは、杉板のアロマと言ってもいいです。
そのスリットから放射されているフィトンチッドの中に、セドロールもあります。

セドロールは、セロトニン、メラトニンを分泌する力があります。
だから、杉スリットの熟睡効果は絶大ですね。