洗濯機のカビと杉スリット

洗濯機のカビと杉スリット

杉スリットをテスト販売していた時、使用者から面白い情報をいただきました。

「洗濯機に杉スリットを入れるとカビが生えない!」

思わぬレポートにびっくりしました。

すると、FBの愛用者仲間から大きな反響が出ました。  たしかに、洗濯機に杉スリットを入れると、カビの防止になるのです。

杉スリットの大きな特長の一つは、湿度調整をしてくれるということです。

京都大学の川井教授グループが検証・確認し、データを発表しました。

見えにくい画像ですみません。

タテは、湿度です。 湿度の高い環境に杉スリットを入れる。

杉スリットの使用量を増やしていくと劇的に湿度が下がったというデータです。

暮らしに快適な湿度は50~60%で、湿度が70%を超えるとカビやダニが増殖し、洗濯機にカビが生えやすくなります。

杉には室内の湿度を一定にする調湿機能があり、杉の細胞が、多湿のときは水分を吸収し、低くなると水分を放出する機能があるんです。

この機能を利用して、杉スリットを洗濯後洗濯機に入れておく。

洗濯時に杉スリットを取り去り、陰干ししておく。

これにより、洗濯機のカビが生える環境を失くします。

そのうえ、洗濯すると杉スリットの香りが残り、衣類が自然の快適な香りになります。

ぜひ、お試しください。

ご注文は、下記のサイトから。

https://peraichi.com/landing_pages/view/sugislit

こちらの投稿は、下記の論文を引用させていただきました。
論文名:スギ材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果
時期:2013年2月
著者:川井秀一先生、藤田佐枝子先生他