スギ材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果

スギ材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果

すでに何度もご紹介いたしましたが、京都大学川井先生を中心としたグループが杉の特性について、
歴史的な論文を発表されてます。

論文名は、「スギ材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果」です。
日本の木材研究第一人者として名高い川井先生が、一級建築士の藤田佐枝子さん他と協力して作り上げた画期的な論文です。

この論文で検証された杉の効果を活用した商品が、これからどんどんと生まれてくると思います。
また、さらに進化した研究への原動力になってます。

杉は、日本の宝。 そして、豊富にある日本の仲間です。

川井先生のグループが発信した論文が、日本の危機を救うことになると予感してます。

その京都大学・川井先生のグループの
素晴らしい研究論文について、本研究で引用された事実や、科学的に証明された事柄を全部まとめて
お伝えします。

〇木材から抽出した精油にはストレス症状緩和の効果があることが報告されている。

〇木材に含まれるセドロールの吸入による睡眠内容の改善などの効果も確認されている。

〇シックハウス症候群や化学物質過敏症などの問題を抱えている家で、スギ材による内装
仕上げを行うと症状の改善した報告がある。

〇スギ材はNO2ガスを吸着するが、その量は、仮道管の表面積が多くなれば、多くなる。
(だからスリット状にしているのですね)

〇低温乾燥した杉ほど、NO2ガスの吸着量は多くなる。
(だからスギスリットは低温乾燥したスギ材でつくられるのですね)

〇スギスリットは、空間の湿度を調節できる。

〇部屋の中でのスギ材の臭いは一般的に快適に感じられる。

〇スギスリットを壁に配置すると、生体を鎮静状態し、視覚ストレスを緩和する可能性がある。

〇スギに含まれている抽出物は細胞へダメージ与える物質(サイトカイン)を抑制しそうだ。

本当に素晴らしい研究成果です。
今後さらなる研究の成果が待たれますね。

論文を読みたい方はこちらから

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/184860/1/rish_00800_055.pdf#search=’%E3%82%B9%E3%82%AE%E6%9D%90%E3%81%AE%E7%A9%BA%E6%B0%97%E6%B5%84%E5%8C%96%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%98%8E%E3%81%A8%E6%9C%A8%E8%B3%AA%E4%BD%8F%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%A6%96%E8%A6%9A%E3%83%BB%E7%94%9F%E7%90%86%E3%83%BB%E5%BF%83%E7%90%86%E5%8A%B9%E6%9E%9C’
この投稿は、下記論文より引用いたしました。
論文名:「スギ材の空気浄化機能の解明と木質住環境のヒトへの視覚・生理・心理効果」
発表日:2013年2月