杉スリットは、癒しです!

  • 2018.08.15

杉スリット材を見ることに よって、身体にどのような反応が出るか京都大学の川井教授グループは、調査確認しています。 何もない壁、スギ材だけどスリットになって いない普通の板目材、そして杉スリット材の3つの壁を見て、身体の反応、 つまり心脈拍数、血圧、心拍、唾液の変化を調べたのです。 詳しい実験方法の説明は省き、結果だけ書きます。 […]

杉スリットの香り

  • 2018.08.14

  VOCとは揮発性有機化合物のことです。 杉スリットの中には、揮発性の有機化合物が存在します。 それが、人にどんな影響を与えるのかについて、京都大学の川井教授グループは調べました。 どうやって調べたかというと、 最初、スギ材のない準備室に30分入り、その後、スギ材のある部屋で15分、 スギ材の部屋を出た後、また準備室 […]

杉スリットで湿度が調整できる!

  • 2018.08.13

日本の夏は、暑い上に湿度が高いところが多い。 湿度が高いことの弊害は、たくさん、あります。 カビが生えやすい、ダニがわき易い。 そして、ウィルスが活発化する。 これらの影響で、アトピーなどのアレルギーが悪化してしまいます。 この湿度対策が、エアコンに頼りっぱなしではないですか? カビ、ダニ、ウィルスの活性化しない環境作りが快適ラ […]

杉スリットのいいところ!

  • 2018.08.12

杉スリットのすごいところを まとめてみました。 1)二酸化窒素やホルムアルデヒドなどを 吸収し空気を浄化すること 杉スリットは、二酸化窒素、 ホルムアルデヒドを大幅に削減させます。 それによって空気がきれいになります。 私たちは毎日たくさんの空気を 体内に取り込むので、 きれいな空気は脳を活性化してくれます。 もちろん、健康にも […]

杉スリットの空気浄化機能を京大の川井教授が解明した!

  • 2018.08.12

・スギ材は他の木材よりも空気清浄作用が強いことが明らかになっています。 ・特に、木口面は板目面に比べその機能が高いことも証明されています。 その理由は、 スギの抽出成分や仮道管の表面積(仮道管とは木の中にある 根から水やミネラルを吸い込む通り道)、含んでいる水分の量が関係していると 考えられています。 空気浄化機能を活かす材料と […]

便利なものと危険なもの

  • 2018.08.11

本当に大切なものは、心で見ないと見えないよ。 ~サン・テグジュペリ『星の王子様』より~ たくさんのものに囲まれた現代、 住まいの材料も大きく変わりました。 新たな科学技術で生まれ「もの」は、 私たちに夢を与えてくれました。 しかし、便利な「もの」も 使い方をあやまると 危険な「もの」に変わります。 人と「もの」との間にも、 ほど […]

横浜の漢方薬局(大丸薬局)に杉スリットを見に行こう!

  • 2018.08.10

全国初!  横浜の大丸薬局さんが、杉スリットディスプレイを導入しました。 大丸薬局さんは、様々な身体の悩みによりそってくれる相談漢方薬局です。 特に不妊でお悩みの方々に評判です。   http://www.daimaru-kampo.com/ そんな人気の漢方薬局で、全国初の杉スリットディスプレイです。 素晴らしい商品 […]

酵素が生きてる低温乾燥

  • 2018.08.10

  低温乾燥装置は 45℃で杉を乾燥させます。 この45℃という温度は 薬草を乾燥させる時の適温と同じです。 薬草が変色せず、薬効を失わない 魔法の温度なのです。 最も大切な事は どうすれば木が気持ちよく汗を出してくれるか。 それを忘れて生命あるものを虐げたら、 何も意味がありません。     45 […]

石油化学物質の害を知っとかないとね。

  • 2018.08.10

衣食住、生活のすべての環境に戦後、侵入してきた石油化学物質。 その歴史は、驚くほど浅いのです。 そう、まだ100年の歴史しかない。 そんなものが、私たちの生活の中心を占めています。 有吉佐和子が渾身の作品を残しました。「複合汚染」 この本の中で、化学物質の健康被害は、単品では確認できても、複合した場合のそれは確認されていない、と […]

高温乾燥は拷問です!

  • 2018.08.09

  木材を乾燥する技術は主に2つに分けられます。 1つが天然乾燥、もう一つが人工乾燥。 天然乾燥には根気と努力が必要です。 スペースも必要ですし時間もかかります。 さらに、現代の自然環境の影響を受け、 油脂成分部分などが水と一緒に放出され、 カサカサになりがちです。 人工乾燥の主流は高温乾燥です。 約100℃から120 […]

1 3 5